<リゾートホテル ベルパライソ>沖縄県のリゾートホテルベルパライソの口コミや評価

リゾートホテル ベルパライソの口コミについて

リゾートホテル,ベルパライソ

皆さんは、沖縄県のリゾートホテル ベルパライソに宿泊した事はあるだろうか?
今回は、近頃マイブームになりつつあるこのリゾートホテル ベルパライソにかんして案内していきたいとおもう。
リゾートホテル ベルパライソとは、英語で記述すると[RESORT HOTEL BEL・PARAISO]なり、天然のビーチに隣接触して建てられた建造物の事だ。
リゾートホテル ベルパライソは、沖縄県の今帰仁村のウッパマビーチに実在し、沖縄の北部観光の拠点として優秀でべんりな場所に部分していて、住所は沖縄県国頭郡今帰仁村字運天松堂原106だ。
ここまでのアクセス方法と交通費を列挙すると、沖縄県の那覇国際空港からタクシーを使用するなら110分で約15,000円かかるアクセス方法と、那覇国際空港から名護ターミナルまでバスで100分2,000円、次に名護ターミナルからホテルまで25分で約2,500円かかるアクセス方法がある。


スポンサードリンク

客室、クレジットカード、レストラン等について

リゾートホテル,ベルパライソ

リゾートホテル ベルパライソの客室数は84室で収容人数が336人となっており、洋室が60室、スイートルームが4室の他、コテージが20室で、客室の広さは45uと為っている。
ついでに、リゾートホテル ベルパライソで利用可能なクレジットカードは、VISA、MasterCard、JCB、UC、DC、NICOS、AmericanExpress、Diner`s Clubと全部で8種類と為っている。
リゾートホテル ベルパライソでは、オーシャンビューが楽しめるように為っていると云う口コミや評価もおおく、コテージは屋外プールを取り囲むようにレイアウトされているようだ。
客室では、パソコンさえ持参すれば無料でインターネットを利用し放題と為っている。
食事は、洋食レストラン[トロピカルウインズ]と和食レストラン[さんご亭]で口にする事が出きるように為っている。
これ以外のリゾートホテル ベルパライソの耳寄りな口コミや評価としては、7月下旬から9月下旬(営業時間18:30から21:00)まで屋外バーベキューを楽しめるサービスがある。


宴会場、カラオケ、プール、ウッパナビーチ、ホームページ等について

リゾートホテル ベルパライソの宴会場[華杜京]は、料理が和洋に対応していて収容人数は約30名だ。
ここには、カラオケの出きる古酒バーである[海人]が在り、ここでは泡盛等沖縄独自のお酒を賞味する事が可能と為っている。ついでに[海人]の営業時間は20:30から24:00と為っている。
リゾートホテル ベルパライソには、夏場(7月中旬から9月中旬まで)に利用可能な屋外パーラーもあるし、コテージに隣接触したハート型屋外プールも営業している(4月から9月まで)。
リゾートホテル ベルパライソから徒歩1分の距離であるウッパナビーチでは、本当に多種多様なマリンスポーツをエンジョイする事が出きると云う口コミや評価が少なくないと思う。
ウッパナビーチのプレイメニューとしては、スキービスケット、マリンジェット、水上スキー、ウエイクボード、グラスボート、ドラゴンボート、シュノーケリングスクール等がある。
ウッパナビーチのマリンスポーツのレンタルメニューとしては、カヤック、パラソル、チェアもしくはマット、水中メガネとフィンセット、スイムボード、ルックシー(水中パノラマ)、浮き輪等がある。
ボートトーイングメニューとしてウエイクボートや水上スキーで遊ぶ事も出きるように為っている。
これ以外に、ウッパナビーチではスキューバダイビングも可能(前日19時までに予約が必要)と為っていて、体験ダイビングやファンダイビングも出きる事に為っている。
リゾートホテル ベルパライソの近隣には、飲食施設やコンビニが殆どない事が特徴点だ。また、団体客が少なくない事も目立っている。
リゾートホテル ベルパライソ周辺の観光地を挙げると、今帰仁城跡、伊豆味植物園、ダチョウらんど、ネオパーク、総合公園、ゴルフ場等がある
リゾートホテル ベルパライソの看板犬である[ごん太]の毎日を綴ったブログが公式ホームページにアップされているのも一見の価値アリだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






コンテンツマネジメントシステム