<エアラインホテル>楽天トラベルやじゃらんでも人気のエアラインホテル

エアラインホテルについて

エアラインホテル

皆さんは、エアラインホテルに宿泊した事はあるだろうか?
ここは楽天トラベルやじゃらんでも評判がある。このエアラインホテルとは、宮崎県宮崎市にあるシティホテルの事で、株式会社グランビスタホテル&リゾートが繰り広げているホテル事業にかんしたホテルの1つだ。
株式会社グランビスタホテル&リゾートとは、三井観光開発株式会社が社名を変えた会社であるから、エアラインホテルは大きな意味では三井グループの一員に成ると云う事に成る。
ここは、株式会社グランビスタホテル&リゾートの運営するホテルの部類としてはアソシエイトホテルズに属するホテルだ。
また、株式会社グランビスタホテル&リゾートが運営するインターネット宿泊予約のホームページ[hoteland.com]に加盟しているホテルと云う事に成る。
こういった意味でエアラインホテルとは、株式会社グランビスタホテル&リゾートと業務提携関係にあるホテルとも云えるが、資本提携しないでホテル業界の系列を図る形態を取っていると云う事は途方もなく興味深いビジネスモデルと云える。


スポンサードリンク

エアラインホテルと情報の共有化について

エアラインホテル

前述したように、エアラインホテルは大きな意味では三井グループの一員に成る。
エアラインホテルのように、三井物産等三井グループの商社関連企業と情報を共有化していて事実上の系列化を行っている事は、三井グループの中では決して珍しい話じゃない。
その意味ではここも、三井グループ傘下の民間企業らしいソフトな部分での業務提携を成し遂げたホテルと云える。
エアラインホテルと三井物産との情報の共有等の背景には、ホテル業界のグループ化や系列化の動きが有る。
今までの観光ホテルやシティホテル、もしくはビジネスホテルと云った具合に、多種多様なジャンルに分類されていたはずのホテル業界が、垣根を取っ払って、グループ化する風潮を見せている。
これは一重に、ホテルをグループ化して纏めてしまう事で経営資源(労働力や設備等)を共有化する事ができ、その結果コスト削減の恩恵を受ける事ができ生き残りを図ると云う苦肉の策だ。
従ってエアラインホテルにみられるように、エアラインと云う名称や業態、そして経営体系等は変えずに、宿泊予約システムと云うインターネットシステムインフラを共有するに留まっていると云うわけなのだ。


エアラインホテルの事業戦略について

疑う余地もなくこうしたエアラインホテルと株式会社グランビスタホテル&リゾートとの業務提携は、途方もなく珍しいケースと云える。
しかしながら、この例に限らず他のホテルグループでも、業務提携後に名称を変える事はあっても、今まで実在していたホテルの設備等には手を出さず、サービス面での強化にとどまるグループも少なくないと思う。
こういった意味で、設備資産等ハード的な物に資金をかけるのではなく、サービスや情報の領域等のソフト面は力を注ぐ風潮にあると云える。
エアラインホテルもシティホテルとしてのアクセスの利便性や、自前のレストラン施設を売りものにした事業大展開は今までのまま変更はしていないようだ。
そのかわり、インターネットの宿泊予約ホームページ[hoteland.com]を通じて、情報の発信を行って集客効果を見込んでいるのが現状のエアラインホテルの事業戦略のようだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB&tbm=blg&output=rss&num=50






コンテンツマネジメントシステム