<結婚式曲の選び方>結婚式曲として人気が高いのは、乾杯、クラシック、chara、スピッツ

結婚式曲の選び方について

結婚式,曲

結婚式曲とは、結婚式の時に流すBGMの事、もしくは来賓がお祝いとして歌う曲の事だ。結婚式と1口に云っても多種多様なイベントがある。
例を挙げると[迎賓]、[入場]、[ケーキ入刀]、[乾杯]、[歓談や余興]、[お色直し]、[演出]、[両親への手紙]、[花束贈呈]、[退場]、[送賓]、[オルゴール]等が在り、これ以外にもイベントがある。
これら相当のイベントのシチュエーションに合わせて、複数の結婚式曲を準備する必要があるのだ。
各結婚式曲は全部ちがっても良いし、類似したような場面では同じものでも構わない。
結婚式場を借りる時には、基本的にはベーシックプランが在り、このプランのケースの場合、結婚式曲は式場側が多種多様準備してくれる。
準備されたものの中から自身で1つずつえらんでも良いし、お任せコースでも良い。また自作の結婚式曲等を持ち込んでも勿論構わない。
ついでに、結婚式曲として人気が高いのは、乾杯、クラシック、chara、スピッツだ。
私が結婚式曲の最新ランキングを観たところ、洋楽でも邦楽でも定番曲の試聴が多かった。
洋楽の定番曲と云えば、[結婚行進曲・ウェディングマーチ]やABBAの[ダンシングクイーン]等だ。
邦楽の定番曲と云えば、安室奈美恵の[CAN YOU CELEBRATE?]やドリカムの[うれしい!たのしい!大好き!]等だ。


スポンサードリンク

結婚式曲の選び方→迎賓、入場、ケーキ入刀、乾杯について

結婚式,曲

結婚式曲の選び方として、まず[迎賓]の曲は、落ち着いた曲調のものが良い。
挙式の余韻を優しく残し、息抜きして過ごせるような温和な曲が向いている。
次に、[入場]の結婚式曲の選び方は、衝撃のある曲が向いている。
扉がオープンしたら即座に雰囲気が華やぐような、壮大で爽やかで迫力のある選曲が好ましい。
ただ、衝撃がある結婚式曲と云っても無駄に凄い曲ではなくて、気持ちが込み上げてくるような、優雅でスローテンポなものが良い。
もし、新郎新婦で思い出の曲等があれば(バラードやラブソング等)、それをでも結婚式曲の選び方としては平気だ。
次に、[ケーキ入刀]の結婚式曲の選び方としては、入刀をする決定的瞬間に、歌や音楽の一番盛上がるサビの部分がやって来るようにしたい。
次に[乾杯]の結婚式曲の選び方としては、それまでのちょっと堅苦しいスピーチの雰囲気を振り払うかのようにちょっと明るめで熱い曲調のものが良い。


歓談や余興、お色直し、両親への手紙、花束贈呈、退場、送賓について

[歓談や余興]の時の結婚式曲の選び方としては、音楽も明るめの物で、かと云ってウルサ過ぎるような凄い曲はやめた方が良い。流行の曲、もしくは懐かしい名曲等がお勧めだ。
[お色直し]の結婚式曲の選び方としては、まず中座の時には少々暗めの曲を、そして再入場の時には心機一転して明るいサプライズ感のある曲が好ましい。
[両親への手紙]の結婚式曲の選び方としては、感動的な静かな曲、オルゴール等が良い。
[花束贈呈]の結婚式曲の選び方としては、クライマックスを表わすような、よく盛上がる曲が良い。
最後に[退場]の結婚式曲の選び方としては、感動のフィナーレを飾るにふさわしい華々しい曲を選択するようにする。
[退場]は、最後であるがお別れではなく門出で在り、これから2人の明るい未来が開始するわけである為、あんまりシミジミしないような、ハッピーエンドを実感させる曲をえらぼう。
[退場]が最後とは記述したが、退場後にも[送賓]のための音楽が必要だ。これは明るく楽しくノリの良い、ウキウキするような曲を流して結婚式を締めくくろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






コンテンツマネジメントシステム