<手作り招待状>結婚式や披露宴の招待状を手作りするためのマナーや書き方

招待状の手作りにかんして

招待状,手作り

招待状を手作りしたい。
そのような面倒な事でも一所懸命な人がおおくいると云う。
記念すべき結婚式や披露宴と云うイベント、そのイベントへ肝心なゲストを招待する為に、結婚式場が用意してくれる定形の招待状では、それとなく味気ないと云う以前に失礼に当たるのじゃないか、そのような風に思えなくもない。
結婚式や披露宴の招待状を手作りするには、殊更に2種類の方法が有る。
1つ目の方法は、パソコンで招待状を作成してプリンターでプリントアウトする手作り方法。
もう1つ目の方法は、完璧に手書きにしてしまうというものだ。


スポンサードリンク

結婚式や披露宴の招待状を手作りするための2つの方法について

招待状,手作り

上述したように、結婚式や披露宴の招待状を手作りする為には2つの方法がある。
パソコンで作成する方法として1番シンプルなのは、マイクロソフトのワード等のワープロソフトで手作りする方法だ。
結婚式や披露宴の招待状を手作りする人の為に、招待状用の台紙等も一般的に販売されている。
招待状と云っても通常の郵便物だから、ワープロソフトでもシンプルに手作り作成する事だって出きるわけだ。
また、招待状等の郵便物をシンプルに作成出きるテンプレート付きのソフトもあるようだ。
もう1つの方法は、完璧に手書きにしてしまう手作り方法だが、これは台紙とその気さえあれば誰でも出きるという方法だ。
手書きの最大最高の長所は、招待状を受け取る人おのおのに対して、その人に見合った文面を考慮される事だ。
但し、どうしてもカジュアルな感覚になる為、かしこまった招待状が適した人に発送するにはあまり向かない手作り方法かも知れない。
あと、結婚式や披露宴の前と云うのは何かとあわただしい為、なかなかどうして手作り仕事自体がたいへのだ。
でも、字が上手とか、絵が上手と云う特技がある人ならば、楽しく招待状を手作り出きるだろう。


招待状を手作りするためのマナーや書き方について

ところで、招待状を手作りするためのマナーや書き方だが、これは最低限記述しないといけない事柄(例を挙げると日時や式場への地図、新郎新婦の名前もしくは名称等)と云うものがおおく、必須事項の漏れがあってはマズイ為、基本的に定形文からアレンジしていく方が良いだろう。
招待状を手作りするためのマナーや書き方として、アレンジする時は、重ね言葉や忌み言葉等を活用しないように気を付ける事だ。
また、結婚式の招待状には句詠点は活用せず、空白で表現するのがマナーだ。
次に、結婚式場の手作り招待状のマナーに同封するものにかんして解説する。
まず、返信はがきが必須事項だ。
これも、表裏各々、定形のものをアレンジするようにした方が安全だ。
更に、会場への地図も必須事項だ。
これは結婚式場に云えば無料にしてくれるし、スキャナで取り込んでオリジナルの用紙に印刷しても良いだろう。
あと、挙式にでて戴く人には、ちっぽけな付箋で挙式の時間や場所等を案内する文章を同封する事だ。
更に、スピーチをお願いする人や、乾杯の音頭を取って戴く人、余興をお願いする人等には付箋でその旨を依頼する文章を添えると良い。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






コンテンツマネジメントシステム