<ドアクローザーとは?>ドアクローザーのアレンジと価格 構造と修理

ドアクローザーとニュースター(new star)、nhn、リョービ(ryobi)などについて

ドアクローザー

ドアクローザーは、ドアや扉の上部に取り付けて在り、ドアや扉を解放した時に自動で閉める活動をする装置の為だが、勢いよく閉まらないように等の試行錯誤がされている事を御存知だろうか。
大人気メーカーと云うと、ニュースター(new star)、nhn、リョービ(ryobi)、ニッカナ、miwa等だ。
ドアクローザーは、ドアや扉が閉まる速度をゆったりとする事で、音の衝撃や指を挟んだりしない等のケガ等のあらかじめの防止に為っている。
このドアクローザーは、ドアや扉をオープンした際に人の力をプラスしないで閉じる為、風等の勢いで閉じる事もないし、オープンしないようにする事も可能な為、ドアや扉の安全装置の活動を成し遂げている。


スポンサードリンク

ドアクローザーを活用してドアや扉が閉まる速度をアレンジについて

ドアクローザー

ドアクローザーを活用してドアや扉が閉まる速度をアレンジしよう。
ドアクローザーはドアや扉が閉まる速度をアレンジする装置だ。
これを取り付けるとドアや扉を完璧に解放したとしても、勢いよくバタンと閉じる事はなく一定の速度で少しずつ少しずつ閉まっていき、ドアや扉が完璧に閉まる直前の速度は更にゆったりとする為、閉まるときの音も静かなのが秘訣だ。
また、一定の位置と間隔でドアや扉を解放したままにしておく事が可能に成る装置の為だ。
ドアクローザーは、殆どが玄関等の重たいドアや扉、そして大きなドア等に設置されている事が殆どで在り、室内等の軽い扉やドア等に設置されている事はいたって稀だ。
これは、病院等の非常扉にもよくみられる。
ドアクローザーの仕組みを閲覧しようとすると、ドアを解放した時に出きるパワーをバネに溜めておいて、その時に油を活用した速度を減らしてくれる装置に拠って勢いを制御するように為っているいわゆる[油圧式]で動作している。
もし、油漏れを生じている等した場合には、ドアクローザーの中の器具が破損している可能性が高いので交換したほうが安全だ。


ドアクローザーが壊れたら修理やアレンジについて

もし近頃、ドアの閉まる音がうるさいなとおもっていたり、ドアクローザーが壊れたとおもえるなら、ドアクローザーを修理やアレンジしてアレンジする事をお勧めする。
ドアクローザーの右側には、ドアを開閉する際の速度をアレンジしようとするバルブが2個くっ付いている。
上のバルブはドアを全開にした具合から閉まる直前に足を運ぶまでの速さをアレンジする為、下のバルブはドアが閉まる直前から閉まるまでの速さをアレンジするものだ。
ドアクローザーは破損する事も在り、おおくがこれを取り付ける際に必須事項な[三角板]が壊れるのだ。ビスやネジ等が外れた場合には可能な限り早くとり換えしないといけない。
修理やアレンジをしないで破損したままにしておくと、元に戻りづらくなるからだ。ドアクローザーが壊れたとおもえるなら、まず修理やアレンジを考慮した方が良さそうだ。

ドアクローザーの構造や価格にかんして

また、ドアクローザー構造としては[スタンダード式]と[パラレル式]の2種類の構造で取り付けられている。
スタンダード式は、ドアがオープンする側と同じ側にドアクローザーを取り付けておく為、例を挙げると玄関の外部に取り付けておいて、外に向かってドアをオープンする場合は[スタンダード式]構造で取り付けられているのだ。
他方[パラレル式]構造とは、ドアがオープンする側とは逆側に取り付ける種類で、例を挙げると玄関の内部に取付けておいて、外に向かってドアをオープンする場合のドアの内部に活用されている。
ドアクローザーの価格にかんしてだが、ドアクローザー1つの価格はざっくり5000円前後でホームセンター等で販売されている為、わざわざ専門業者に依頼しなくても、自身で交換や修理やアレンジが出きるのが喜ばしいところだ。

ドアクローザーを交換する為に必要な知識について

<質問>
鉄製の玄関ドアのドアクローザーが壊れた。
近隣の金物店に購入しに実践したら機種が古いのでメーカーにも在庫が無い、特注に成るとの事だった。
やむを得ず市販の汎用品を取り付けようとおもったが、金物店のおっさんに[鉄製の玄関のドアクローザーの取り付けや取り外しは素人では無理だ。]と云われてしまった。
鉄製のドアの穴あけはそのようなにむずかしいのだろうか?専門業者に依頼すべきだろうか。
たぶん電動ドリルをもっているのでこのような問い合わせているのだとおもう。
ドアクローザーって取り付け穴の部分が微妙にちがったりして、ちょっと仕事がむずかしいのだ。
だから安全に済ませるには専門業者に依頼した方が良ろしいかとおもう。
自身でドアクローザーを交換する場合ネックに成るのが、先に述べた穴の部分が微妙にちがっている場合、どのような方法で逃がしてドアクローザーを取り付けるかだ。
ドアクローザーの場合は闇雲にズラして取り付ける訳には足を運ばない為、穴の位置関係が悪い場合、鉄板のアダプターを挟んで取り付ける事が出きるが、その為の穴あけとタップによるねじ切りの仕事が必須事項に成るし、位置がドアの1番上の為仕事は楽じゃない。
まだ、あるレベル鉄板を使用した工作の経験があれば不可能じゃないとおもう。

ドアクローザーの[ギー音]を留める方法について

近頃、事務所のトイレのドアを開閉する時にギーっと云う音がするように成った。
油をさして解決したと云う意見が少なくないようだが、ドアクローザーに油をさすと云うのは無かったようの為質問させて欲しいとおもう。
たぶんドアクローザーのアームらしきものが曲がった部分(人間で云えば肘に当たる部分)から音が鳴っているようにおもえるのだが、ここに油をさすのだろうか?
またさす油は100円店で売っているようなものでも良いのだろうか?
まず、ドアクローザーに油なんか注しちゃダメだ。内部の油圧装置の封入オイルを毛細管現象で呼び出す可能性が有る。油漏れで制御不能に成る。
[ギー音]がするなら、ドアクローザーの完璧な油切れの為ではないだろうか?
稀にアームから異音がする事も有るが、その場合はアームの間接のみに(本体の上の間接はダメ)さして欲しい。
ただ、そういう音が生じる原因のおおくは、[ヒンジ]なのだ。
たぶん[ヒンジ]に油をさしたらギー音は直るとおもう。CRCでも100円店のものでも良いが、シリコン系、テフロン系のほうが、室内もヒンジも汚れない。
アームにかけるなら、グリスが本来ついているから、CRC等のオイル系で良いのだが、あくまでもごく少量のみでやってみよう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






コンテンツマネジメントシステム