<収入印紙の貼り方>収入印紙の貼り方と詐欺

収入印紙のただしい貼り方と割り印の関係にかんして

収入印紙,貼り方

収入印紙の貼り方は、文書の空白の部分に張って、綴じ込み(とじこみ)しても、ハッキリ把握可能にしておけば、殊更に問題はない。
収入印紙の貼り方よりもガッチリ割り印をしておく事が途方もなく大切だが、会社等でわざわざ社印を活用しなくても、会社の丸印でも問題ない。
結局、収入印紙の再活用をあらかじめ防ぐものだから、使用出きないようにする事が大切なのだ。
但し、個人間の契約書等の割り印は、キチンと実印で割り印をしておいた方が、後々問題があった場合を考慮すると、安全と云えるだろう。
殊更に不動産等の高額な売買契約の場合は、所有権の問題もかかわってくる為、絶対に実印で割り印する事をおすすめする。


スポンサードリンク

領収書に貼る収入印紙のただしい貼り方にかんして

収入印紙,貼り方

収入印紙の貼り方と云っても、収入印紙が文書にかかる税金と云う意味合いを了承している人は、意外と少なく、手数料レベルに考慮している人が殆どだが、印紙税法と云う法律があって、税金として規定されている。
印紙税は細かく分けると30種類以上に区分されている為、収入印紙の貼り方を間ちがえて、我知らずに脱税をしているケースもあるから注意が必須事項だ。
印紙税の主旨は、[金銭を結びつく商取引に税金をかける]と云うものだが、印紙税の負担、つまり印紙代を何者が支出するのかと云えば、当事者に成る。
ただ領収書の場合、収入印紙の貼り方は、物品を販売するほうが負担するのが一般的だが、住宅等の不動産の場合は、おなじ様に売主の負担に成るが、売主と買主とが [連帯納税義務者] となるから、何かあった場合は、買主と言えども責任があるのだ。


契約書に貼る収入印紙のただしい貼り方にかんして

契約書の場合は、収入印紙の貼り方にも注意が必須事項で、貼った事は、その文書が取引にかんして、一定の意思表示をした事になり、法的な拘束力が生じる事を意味する。
だから、領収書等の収入印紙を貼らない場合は、法的な拘束力が低いものとなるから、これを貼る場合、印紙税法にのっとった収入印紙の貼り方をしなければならない事に成る。
見方を変えれば、収入印紙の貼り方1つで、法的な拘束力をもった公文書として認められるか、認められないかの分岐点となり、高額な取引になればなるほど、この貼り方に注意が必須事項に成る事だ。
日頃気楽に考慮していて、ついつい収入印紙を貼る事を失念していると、何か問題がおきた時にとんでもないシッペ返しを食らう事に成る。
こういった具合に収入印紙の活動には、税金としての側面と、お上が認める公的な文書として証明する活動がある事を失念しないようにしたほうが良い。

収入印紙詐欺の手口!偽の収入印紙を郵便局で交換した2人の容疑者逮捕について

2007年10月20日に収入印紙詐欺の新たな手口が発覚したという。
何と偽の収入印紙を郵便局で交換した2人の容疑者が逮捕されたというのだ。
2007年10月20日、愛知県で、偽造した旧収入印紙を郵便局に持ち込んで、この代わりに新印紙を騙し盗ったとして、2人の容疑者を印紙犯罪処罰法違反と詐欺の疑惑で逮捕したと云う。
愛知県警の調べによると、両容疑者は5月下旬ごろ、名古屋市中村区の郵便局で、偽造した旧収入印紙の交換を申し込み、新印紙7枚(券面額合計3万9000円)を騙し盗った疑惑だそうだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8D%B0%E7%B4%99&tbm=blg&output=rss&num=50






コンテンツマネジメントシステム