<リサイクルマークの種類>リサイクルマークの種類と社会問題、廃棄物の意味と規定

リサイクルマークの種類とアルミニウムについて

リサイクルマーク,種類

リサイクルマークの種類と社会問題にかんして述べたいとおもう。
この種類の一覧を観ていると、紙、ダンボール(段ボール)、プラスチック、ペットボトル、アルミ等多種多様な種類のロゴがある事が把握できる。
そのようなリサイクルマークの表示の意味と規定にかんして案内していくのだ。
リサイクルマークの意味する事は、遡る事1991年に施行された[資源の有効な活用の促進にかんする法律]と云う、俗に云うリサイクル法に拠って、資源ゴミとなるゴミに貼付する事を義務付けられたマークと云う事だ。
この種類には、[紙製容器包装]、[プラスティック容器包装]、[アルミ缶]、[スチール缶]、[ペットボトル]、[リチウムウイオン蓄電池]、[鉛蓄電池]、[ニッケル・カドミウム蓄電池]、[塩化ビニル製建設資材]が有る。
リサイクルマークの対象でもある缶(かん)と云われるものは、内容積が7リットル未満の物を指すわけだが、缶の種類としては、アルミニウム製の缶とスチール製の缶が有り、リサイクルされたあと再びジュース等の缶として使用されたり、これ以外のものに活用される。
更に、[アルミ缶]のリサイクルマークが付けられたアルミニウム素材の缶(かん)等は、とっても再生しやすい素材の代表だ。
なぜならアルミニウムの場合、原材料から製品をつくり完了するまでに使用されるエネルギーが、なんと3%だと云う事でリサイクルするにはベストな素材なのだ。


スポンサードリンク

リサイクルマークが付けられた廃棄物の意味と規定について

リサイクルマーク,種類

まず初めに、[紙製容器包装]のリサイクルマークの意味と規定にかんして述べたいと思う。
[紙製容器包装]のリサイクルマークがついた紙類は、薬品の入った溶液で攪拌分解されて漂白されたあと、紙の繊維が抜き出されて、再び製紙の原材料として用いられ,再生紙として活用されている。
次に、[プラスティック容器包装]の意味と規定にかんして観ていこう。
[プラスティック容器包装]のリサイクルマークが付けられたものは、裁断粉砕されて再生プラスチックになっていくわけだが、残念ながらプラスチックはリサイクルされて原料にもどした場合、途方もなく劣化しやすく活用出きない物に成る為、リサイクルされない事が少なくない面倒な廃棄物なのだ。
リサイクルされても公園の柵やベンチ、ガーデニング用品等使い道が限定されている。
しかしながら、[ペットボトル]のリサイクルマークが付けられた廃棄物の意味と規定にかんしては、合成樹脂の中でも、再活用の調査がさかんで、原材料のリサイクルとして繊維や飲料用以外のボトル、更に成形品等として再製品化されていると云う事を示している。
[ペットボトル]のリサイクルマークが付けられた廃棄物が、繊維の再活用として使用されるケースとしては、ポリエステル繊維としてYシャツやユニフォームやフリース等の原材料として活用されている。
更に、[ペットボトル]のリサイクルマークが付けられた廃棄物は、元のペットボトルとしても再生活用が許可されるように成った。


再生活用の技術と社会問題について

最後に再生活用の技術と社会問題にかんして観ていこう。
[ニッケル・カドミウム蓄電池]や[リチウムウイオン蓄電池]、[鉛蓄電池]等は再生活用品として殆ど活用される事はなく、環境に悪影響をおよぼさないように、埋め立て処理の方法が調査されているにすぎない。
これからの展望としては、電気自動車等がもっと普及しまくる段階まで、再生活用の技術が確立される事が望まれる。
[塩化ビニル製建設資材]も同じく、再活用としての事業も技術開発も一向に成果が上がらない体たらくで、産廃業者による不法投棄等が社会問題に為っている有様だ。
現状以降、こうした産業廃棄物にかんした、大規模な再生技術の開発が待たれるところだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






コンテンツマネジメントシステム