<一人暮らしの家計簿>一人暮らしの家計簿で上手な節約術

一人暮らしで家計簿をつける必要性について

一人暮らし,家計簿

一人暮らしでガッツリと家計簿をつけている人っていったいどれぐらい居るのだろうか。
家計簿と云えば、いかにも主婦の仕事と云うイメージが昔から有る。
私にとってこれがどういうイメージなのかと云うと、家計簿と云うノートと毎日にらめっこしながら家計のやり繰りをする、と云うイメージだ。
収入と支出を確実に出きる家計簿と云うのは、家族の家計の管理としてなくてはならないものだ。
しかしながら、一人暮らしとなると話は別になっていくのだ。
わざわざ家計簿をコマメにつけている人はどれぐらい実在するのだろうか。
この場合、収入を得るのも、支出するのも全部自身1人だ。
ならばわざわざ家計簿なんてつける必要性なんてないだろう、とおもっている人は少なくないはずだ。
殊更に男性の一人暮らしの場合は、殆ど家計簿をつけてまで自身の経済管理をガッツリ実行している人なんているのか、はなはだ疑惑だ。
しかしながら、一人暮らしをすると生活費、食費、光熱費(電気代・ガス代・水道代)等多種多様な費用がかかってくるのだ。
更に、留まらない物価高、負担増等、どんどん支出が増大し、生活が苦しく為りつつある現状、一人暮らしであろうがなかろうが、細かい収支計算が求められる時代になりつつ有るとおもう。


スポンサードリンク

一人暮らしで家計簿をつける場合について

一人暮らし,家計簿

一人暮らしで家計簿をつける場合、まず支出を細かく分類する事かろからはじまよう。
例を挙げると、[家賃][水道・光熱費][通信費][食費][小遣い・遊興費][衣料品購入費][交通費][雑費]等等・・・・・・費目別の分類方法ならばいくらでも出きるはずだ。
こうやって費目別に分類する事の目的は、どこにどれぐらいのお金を月に支出しているのかを短時間で掌握するのがまず第1の目的となる。
つまり、一人暮らしの家計簿を細かく分析する事で、いったい自身がどこにお金をおおく支出する風潮があるのかがみえてくるのだ。
一人暮らしであっても家計簿をガッツリつけると、予算も造れるし上手な節約術だって実践可能に成るのだ。
家賃のように変動がない固定費はともかく、通信費等は携帯電話の使いすぎ等で大幅に変動するいわゆる変動費だ。
水道・光熱費も毎月の変動額を分析する事で無駄が多かったのか、節約出きたのかを決断する事が出きる。
それとなく銀行口座からの引き落としで済ませているだけではみえてこないものがみえてくるのだ。
そうすれば、次月はどの支出を減少させれば良いのかどうか、もしくはどの支出を減らせるのか、あらかじめ計画を立てる事がだって可能に成る。


一人暮らしでも家計簿をつける事で心理的にゆとりのある生活に成る事について

一人暮らしの場合、自身の経済状態が苦しくなると、ついつい食費を削ったり、クリーニング代や衣料品購入費を削ったり、飲み会等のつき合い断って節約する事がおおくなりがちだ。
悲しくも、社会人として生活する為に必須な付き合い等を削ってしまうようでは、1人前の社会人として観てもらえない事もある。
このような扱いを会社等で受けない為にも、一人暮らしの家計簿は途方もなく大切だ。
一人暮らしの家計簿をそれとなく付けているうちに、おもった以上に支出がおおく為っているじゃないか! と云う事に気付く事もよくある。
財政のやり繰りは、何から何まだべて節約すれば良いと云うわけでもない。
お金を使用する必要性のあるところではガッチリ使い、その為にも普段から無駄な支出をカットしておくのだ。
このメリハリこそが大切に成る。
これをガッチリ可能にする為にも、たとえ一人暮らしであってもガッツリと家計簿をつけ、自身の財政状況を何時もガッツリ掌握出きているようにしてはどうだろうか。
こういった具合に一人暮らしでも家計簿をつける事で、心理的にゆとりのある生活に成る事だろう。
家計簿で上手に節約すれば貯金だって夢じゃない。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%AE%B6%E8%A8%88&tbm=blg&output=rss&num=50






コンテンツマネジメントシステム