<TBSショッピング>TBSのテレビ(tv)とラジオによるショッピングとネット通販

TBSのテレビ(tv)とラジオによるショッピングについて

TBS,ショッピング

TBSにはテレビ(tv)とラジオによるショッピングがあるのを御存知だろうか。
TBSのショッピングに限らず、近頃のテレビ局は自社で通販事業を実践する事にできる限りなるべく積極的に為っていると云えるが、現実通販事業を全く実践していないキー局は無いと云って良いだろう。
TBSのショッピングもそうしたTBSの通販事業の一つと云える。
近頃のテレビ局もただテレビ番組を制作して放送しているのみでなく、映画や舞台等の製作や、テレビ番組のDVD化等、テレビのコンテンツを活用した事業の大展開はもはや当たり前になってきている。
TBSのショッピングに限らず通販業務にかんしては、テレビ局に拠ってその規模に大きな差がある。
かつてライブドアの堀江貴文氏が買収を照準を合わせたフジテレビは、通販事業では他のテレビ局より歴史も長く、規模も大きいと云える。


スポンサードリンク

TBSショッピングのネット通販について

TBS,ショッピング

現実のところ、ライブドアの堀江貴文氏が買収で獲得したかったのは、フジテレビの放送コンテンツばっかりでなく、通販事業も大きなターゲットだったのじゃないかと考られる。
では、TBSのネット通販ショッピングにかんして楽天の三木谷社長はどう考慮していたのだろうか?
楽天の三木谷浩史氏がTBSと業務提携を画策したのは、ライブドアとはちょっとちがっていて、TBSのネット通販ショッピング等の通販事業よりも、むしろ放送事業自体が目的だった風潮がある。
楽天にとって通販事業は既に確立した事業で在り、あえてTBSのネット通販ショッピングを上手に活かす必須事項は殆どなく、マルチメディアの相乗効果を照準を合わせるのであれば、放送コンテンツと取扱製品の連動と云うのが、楽天のスタンスだったのだろう。
その点でTBSショッピングの事業的価値は低いとされていた。


TBSのテレホンショッピングやTBSショッピングピンポン、[王様のブランチ]通販事業について

そのTBSショッピングも近頃やや変化の兆しがでてきた。
TBSのホームページをインターネットで開設し、今までどおりのテレビ番組と連動した通販事業を本格始動するようで、TBS自社のキャラクター関連のグッズの他に一般製品を扱っていく模様だ。
例を挙げると、TBSにはテレホンショッピングやTBSショッピングピンポン、更に近頃では、大人気番組[王様のブランチ]を活用した通販事業まで実践するようになった。
やっと本腰を入れスタートしたTBSのショッピング事業だが、やっぱりテレビ局の発想で、自社番組中心のショッピング事業と云う縛りからは解き放たれずにいる。

TBSショッピングとネット通販の問題点について

TBSショッピングとネット通販の問題点にかんして観てみよう。そこでまず、TBSショッピングの問題点にかんして観てみよう。
TBSショッピングが番組連動の製品を扱うと云う事の相乗効果を問う前に、マーケティングをガッチリ実践する事の方がもっと途方もなく大切だ。
これは物販・販売に於いて実に途方もなく大切な事で、フジテレビのディノスの例を引用するまでも無く、インターネットとテレビのミックスの前に、消費者が欲している製品をガッチリ見定める必須事項がある。
あまりにTBSの放送コンテンツばっかりを前面に押し出したTBSショッピングは、あまり本来の通販事業とは云えないだろう。
正直な話、楽天との業務提携を無視したTBSは、折角の通販事業を学習する機会を逸してしまったと、現状のTBSショッピングを観ている限り、と云われても仕方がないとおもってしまう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






コンテンツマネジメントシステム