<ナースパワー人材センターとは?>ナースパワー人材センターの求人と派遣、沖縄タイムス

ナースパワー人材センターの情報局にかんして

ナースパワー,人材センター

ナースパワー人材センターでは全国各地の医療機関から就職先を探し求める事が出きる。
ここは1985年に開設されたメディカルスタッフ専門の人材センターだ。
[ナースパワー]と云う名前もしくは名称の通り、当初は看護婦案内がメインだったが、近頃ではよりいっぱいスタッフの案内を行っている。
開設以来、求人情報の提供や就職の対話を通してスタッフと職場のパイプ役を果たしてきた。
現状では約4万人のスタッフがナースパワー人材センターに登録され、毎年3000人が職場を見つけ、就職を果たしていると云う。


スポンサードリンク

ナースパワー人材センターの求人と派遣等について

ナースパワー,人材センター

ナースパワー人材センターでは、[求職者の立場で考え、サポートする][顧客の安定労働力確保のため全力を尽くす][職員が誇りを所有できる会社つくり]をモットーにしている。
[一緒に仕事を探すべきだ]を合言葉にしており、求職者が理想的な求人の職場を見つけられるよう、信用関係を重要視したきめ細かいサポートを心掛けていると云う。
ナースパワー人材センターでは就職先の情報収集の手段が多種多様提供されている。
全国の医療機関の求人情報は勿論、常勤、パート、派遣と云った勤務形態、地域別等条件に合わせた勤務先の情報収集が出きる。
他に期限を限定した仕事の情報も提供されている。
これは離島での勤務や、大都市での緊急度の高い勤務、人手不足になりがちな仕事内容の勤務と云った条件で短期間就職するものだ。
ナースパワー人材センターには、[スケジュールエントリー]と云うシステムもある。
これは訪問入浴や旅行添乗と云った単発的なアルバイトをしたい場合に自身の都合のいいスケジュールを申請しておくシステムだ。
この申請に合わせて単発アルバイト情報が提供される。


ナースパワー人材センターと福岡、熊本、広島について

ナースパワー人材センターでは福岡、熊本、広島で求人を求める人がおおく、福岡、熊本、広島が人気の派遣先でもあるようだ。
ナースパワー人材センターは沖縄タイムスでも案内されているようだ。
新卒の看護婦には[短期ローテイト方式]と云うシステムによるサポートもある。
これはナースパワーが契約する大型総合病院で1年間の就業をする為、そこで経験をつみながら卒後研修を行い、地元等他の場所で勤務するのだ。このシステムで研修を受ける事で他の未経験の診察に比べ、採用される可能性がずっと高くなる。
現状、高齢化社会と云う事もあって、医療現場の人手不足が叫ばれている。
勤務形態等も大幅に変化し、厳しく為っている。看護婦の需要が少なくない反面、熱望の勤務地、勤務形態を得にくい状況だと云える。
看護婦の離職も増大していると云われている昨今、ナースパワー人材センターでは時代の流れにガッツリ対応し、就職先をサポートしている。
これからその重要度がいよいよ増大していく事が予測される。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%9C%8B%E8%AD%B7&tbm=blg&output=rss&num=50






コンテンツマネジメントシステム