<医師の平均年収>勤務医、開業医、研修医などの医師年収は?

勤務医の医師年収について

医師,年収

医師の年収っていったら、生活に困らないor支障がないくらい、と云うよりも相当裕福に暮らせる位の金額と云うのが一般人の感覚だろう。
疑う余地もなく、開業医なのかどうか、大学付属病院の先生なのかどうか、と云った病院同士の格差や、人気のある医師かどうか、と云う点もかかわってくるはずだ。
医師年収は、やっぱり他の一般企業のサラリーマンや派遣社員よりは相当高い金額と為っている。
人事院の調査を閲覧すると、平均年齢38歳と云う事で、勤務医の平均月収は約90万円弱の月収だ。
売れないお笑い芸人が聴いたら怒りそうだ。
厚生労働省の賃金調べによると、医師、これも勤務医となるが、平均年収が1,300万円弱だと云う。
やっぱり、この年齢のサラリーマンや派遣社員だと、途方もなくあり得ない金額に為っている。
たとえ少なく見積もったとしても、1,000万円以下の医師、と云うのはおおくはないと云う事に成る。


スポンサードリンク

開業医の医師年収について

医師,年収

ところが、この医師年収も勤務医ではなく開業医クラスに成ると、月収で300万円、平均年収にすると4000万円を超越する人も居ると云うのだから驚きだ。
開業医クラスの医師年収を毎月稼げるようになれば、誰でも裕福な生活を送れる事間ちがいなしだ。
開業医の奥さんや子供が羨ましい限りだ。
しかしながら、現実の生活を考慮してみよう。
いくら年収が高くても、そのハードな生活を考慮すると、それなりのお給料と云う事に成るのかな、とおもってしまう。
医師は毎日患者を診察し、家族と向き合い、手術を実践し、技術を磨く為に多種多様な研修等を実践する。
それに、医学の勉強も一生継続していかなければならない。
医学部の教授ともなれば、講演会の仕事だってでてくるし、学会での論文発表だって有る。
開業医だからと云っても、外科・内科等自身の専門科だけを診察するのみじゃなく、小さい子供からおばあちゃんやおじいちゃんの風邪の手当てだって差別なく診察しなければならない。
医師はとっても暇がなく多忙なのだ。


研修医の医師年収について

テレビで閲覧するようなカリスマ的な医師が全て、と云う事はないとおもうが、研修医の場合、睡眠時間が2時間、もしくは夜勤の場合は、24時間働きっぱなしで、仮眠と栄養ドリンクとおにぎりを口にして、何とか死に物狂いで頑張っていると云う研修医師も少なくないのだ。
医師年収が高すぎるとか、年収なんて所詮あぶく銭とおもう前に、この研修医達の働きぶりをよく観て欲しい。
勿論、最低最悪の医師も世の中には実在するとはおもうが、本当に医療に対して真面目に取り組んでいる医師達もたくさんいるのだ。
それでも、以前は研修医と云う立場だった医師達を話を聴くと、月収がたったの10万円以下の金額だった、と云う人だっているのだ。
なんと、平均年収にすると120万円じゃないか。
現状では、国の勧告がでて、ようやく30万円レベルの月収になったようだが、それでも、平均年収にするとまだまだ400万円レベルだ。
たとえ研修医であっても、キッチリとした治療を実践しなければならない。
おおくはない年収で、他の開業医のところにアルバイトをすると云う事ではなくて、もっと良い環境で良い医師を成長させて欲しい限りだ。

 

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






コンテンツマネジメントシステム