<履歴書の修正>履歴書修正と手書き、エクセル、ワード

履歴書を手書きにした場合、修正はご法度? について

履歴書,修正

今回は、履歴書の修正にかんする記事を記述してみたいとおもう。
私は派遣社員であり転職の回数が少なくない為、履歴書を記述する機会も少なくない。
履歴書を手書きにした場合、修正はご法度と云う話をよく聴くが、現実のところ修正はどのレベルまで許されるのかどうか吟味してみた。
履歴書を書く事を完結出きた後に誤字脱字に気付いた場合、貴方ならどうするだろうか。
致命的な誤字脱字の場合(面接先の社名を間ちがえた等)はどのような人でも新しく作成するとおもう。
しかし1文字、1ヶ所レベルの間ちがいなら修正しても大丈夫だろう、と云う気持ちに成るのが一般的だとおもう。


スポンサードリンク

やむを得ず履歴書を修正する必要がある場合について

履歴書,修正

履歴書を修正するとなると修正液と修正テープが思い浮かぶ人も少なくないとおもう。
だが、これは一番してはいけないものらしい。
履歴書とは自身を証明するものなので、それを修正液や修正テープで手直しするのみで完了してしまっては面接する側の印象は途方もなく悪くなる。
書き直す手間を省略する、つまり時間のかかる仕事を面倒くさがるいい加減な人間、もしくは細かい仕事の出きない人間、と云った衝撃をあたえてしまう事は確実なのだ。
だから、修正する事は可能な限り回避して、やっぱり一から書き直すのが基本のようだ。
ただ、家で履歴書の誤りに気付いた場合はノープロブレムだが、いざ面接会場についた後に気付いてしまったような場合、もしくは最後の提出時に気付いてしまった場合等、どうしても履歴書の修正が必要な場合も生起するだろう。
このような時は、誤った場所を二重線で打ち消し、その真上にただしい字で書きなおし、二重線の上に訂正印をプッシュする方法で修正すれば、修正液や修正テープを使用するよりも幾分か悪い印象を緩和する事が出きるだろう。
但しあくまでもやむを得ず履歴書を修正する必要がある場合に限定した話なので注意して欲しい。


エクセルやワードで作成した履歴書の長所とデメリットについて

以前は履歴書を手書きで記述するのが主流であった。
だが、近頃ではパソコン(PC)でつくり、プリントアウトする方法も一般的になってきている。
採用する企業側もPCで作成したものだからと云って手抜きの履歴書と云う印象を抱くと云った事はまずないとおもってよい。
私の経験上からもこうおもえる。なぜなら、ビジネス上、手書きの文書でやり取りする事は現状の企業では殆どあり得ないからだ。
そこでエクセルやワードで作成した履歴書という事を面接時にさりげなく面接者にアピールすれば、自身のエクセル・ワードのスキルを主張する事だって出きるのだ。以前、私が経理補助の派遣社員の面接に行った時、ワードで作成した履歴書だ、と面接者伝達したら[こ、これワードで作成したのであろうか??えー、す・凄い・・・・・・]と一発採用された事もある。
手書きの履歴書を記述すれば心がこもっている、と云う昔からのイメージで手書きで記述した結果、間ちがって修正したものを提出するくらいなら、エクセル・ワードで作成した履歴書という事をアピールした方がよいとおもう。
しかしながら、どうしても手書きの履歴書を出すしか方法がない人は、ガッツリ確認をし、間ちがいに気付いたらキッチリと一から書き直しか方法はない。この姿勢やポーズを失念しない事が肝心だ。
また、PCでテンプレート等を活用し履歴書を作成すると時間がかからない長所があるし、字の上手い下手も関係ない長所もあるので途方もなくべんりだ。
だがこの反面、変換ミスを起こしやすい為、手書きよりも間ちがいに気付きにくい事がおおくなるデメリットもあるので注意が必要だ。
PCで作成したものに修正がある等、面接者にあたえる印象は最悪だろう。
こんな事が絶対ないように、PCがべんりだからと云って過信せず、キッチリと目視で点検する事が大切だ。
結局、履歴書は基本的には修正してはいけない。もしも間ちがえたのなら一から書き直す態度が求められると云う事だろう。
履歴書は自身の経歴だけでなく、趣味は特技等その人の人柄や努力の成果を気付く事が出きるものだ。
修正してマイナスに成るような事がないように、冷静な点検と書き直しの手間は省略しないようにしよう。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






コンテンツマネジメントシステム