<人材ドラフトとは?>人材ドラフトの求人情報や紹介実績が良くない理由

株式会社人材ドラフトの求人と公認会計士や税理士について

人材ドラフト,求人

人材ドラフトとはインターネットの求人ホームページだが、資格保持者に特化した求人ホームページだ。
しかしながら、国家資格の保有者と云っても、経理、財務、会計の実務経験者、及び有資格者の公認会計士や税理士等がその中心的な実在で、財務税務のスペシャリストがメインと云うか、ハッキリ云って他の領域の人材等扱っていない。
その意味では独自な路線を歩んでいる求人ホームページと云えるのだが、人材ドラフトはその領域では日本最大最高級のマッチングサービスと云う振れ込みだと云う。


スポンサードリンク

人材ドラフトのドラフトシステムと監査法人や企業について

人材ドラフト,求人

人材ドラフトのシステムは公開データとなり、求人する監査法人や企業が自由に閲覧可能に為っている。
ここまでは、他の求人関係のホームページと逆システムで、求人をかける監査法人や企業が、人材ドラフトのシステムに登録されている人材を指名する、文字通りドラフト制のようなシステムだが、野球のドラフト制度と同じ様に、逆指名に当たる逆人材ドラフトと云うシステムも在る。
通常の求人ホームページのシステムでは、これが正常なシステムと云えるが、そこが人材ドラフトの特殊なところで在り、ニッチな求人マーケットと人材のおおくはない応募者の極めて限られた世界の求人活動の支援ホームページだと云う事が把握出きて興味深い。


人材ドラフトのドラフトシステムデータベースにかんして

人材ドラフトは、税務財務に特化している為、応募よりもかえって求人のほうがおおく、労働者の売り手市場と云えるが、業務が業務だけに人材ドラフトでは、求人の人選は他の求人ホームページよりもいっそう厳格で、野球のドラフトのような指名を実践しているそうだ。
人材ドラフトの求人に応募する時には、ドラフトシステムと云う人材ドラフトのデータベースに、資格の有無やキャリアを登録するが、その登録内容が極めて専門的でキャリアな内容に成る為、現状他の会計事務所等や企業で活動している場合には、ドラフトシステムではなく案内エージェントシステムと云う非公開のデーターベースに登録する事も出きる。
この非公開データベースだが、担当者が個別に対応し、熱望の求人案件を案内する段取りが取られているようだ。

人材ドラフトの紹介実績が良くない理由について

人材ドラフトが日本最大最高級のマッチングサービスホームページとは云っても、基本として求人と応募の釣り合いの問題もある為、人材ドラフトの紹介実績は、他の求人ホームページと比較するまでもなくあまり良くない。
このためか、人材ドラフトに登録する側も登録料が取られるシステムに為っている。
人材ドラフトは云ってみれば労働者と使用者の結婚案内所のようなものだが、財務税務と云った企業の途方もなく大切な業務を担当するわけな為、他の営業の求人等とは比べものにならないほど、法令遵守が求められる。
だからこそ、人材ドラフトも冷静な就職支援システムを採らざるを得ないのが現状のようだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






コンテンツマネジメントシステム