<ガストのアルバイト>ガストのアルバイトの時給と待遇にかんして

ガストアルバイトは、デリバリー、キッチン、洗い場等について

ガスト,バイト

ガストとは[味]を意味するスペイン・イタリア語の[gusto]を英語詠みしたものだ。
レストラン・ガストの特質は、お客さんへのサービスを最小限に制御したところが挙げられるだろう。
現状では一般化したセルフサービスのドリンクバーは、なんとこのレストラン・ガストが採用した事がキッカケなのだと云う。
注文はお客さんが呼び出しベルで店員を呼び出す形態で実践するシステムを採用する等、店員の仕事量を減らして店員数自体を減少させる事で、1番厄介な人件費と云う一番かかるコスト削減に成就した。
店員の服装もポロシャツ、Gパン、スニーカーと云ったシンプルなものになった。
低価格で気楽に食事を楽しめるレストランとあって、一時期大きな話のネタを呼び、[ガスト現象]等と云われた事もあったほどだ。
このようなガストのアルバイトの種類は、殊更に[キッチンスタッフ][フロアスタッフ][デリバリースタッフ]の3種類だ。


スポンサードリンク

ガストアルバイトの子たちの時給や待遇等は掲示板等で確認について

ガスト,バイト

ガストでアルバイトしている子たちの時給や待遇等は、ネットの掲示板等を観て確認した方が良いだろう。
なぜなら、時給や待遇にかんしてはおのおのの店によりちがう事が当たり前だからだ。
しかしながら、ここでは一般的なレストラン・ガストの時給や待遇にかんして観てみたいとおもう。
ガストで活動するアルバイトの子たちは、おもに[キッチンスタッフ][フロアスタッフ][デリバリースタッフ]の3種類がある。
一般の人達が、ガストのアルバイトと聴いてイメージするのは、現実に接客に当たるフロアスタッフだろう。
勤務時間は1日3から4時間、週3日レベルが一般的のようだ。
ガストは深夜まで営業している為、自身のライフスタイルや都合等に合わせて勤務時間を選択出きると云う待遇面に長所がある。
気に成るアルバイトの時給だが、勿論店舗や勤務形態に拠ってちがう。
だいたい昼間の勤務で高校生が750円から800円、社会人が850円から900円レベルと云ったところが相場だ。
また、ガストのアルバイトの長所として、月額1万円まで交通費が支給される事や、勤務日には一食241円で食事が出きる事、等の待遇が挙げられる。


ガストアルバイトの長所と短所にかんして

ガストのアルバイトの長所は、上述したように月額1万円までの交通費が支給される事や、自身の出勤日に一食241円と云う激安な価格で食事を食べれる事だ。
ガストのアルバイトの短所としては、時給が安い事や、なかなかどうして時給が上がらない事等をよく耳にする。
自身の仕事の時給が高いか安いかの価値観は、勿論人おのおのの価値観に拠ってちがうし、時給の昇給は店舗に拠ってもちがうので評価はむずかしいところだ。
ガストは、お客様に対するサービスが多くはない分、厄介な客の数がおおくなりがちとも云われている。
例を挙げると、ドリンクバーで長時間居座ったり、マナーの悪い客が多かったり等等。
更に深夜の場合は、酔っ払った症状で熟睡する客が出没したり等もあるので笑うに笑えない。
また、上述したようにガストは制服がたいへんシンプルなので、マクドナルド等とちがい[このかわいい制服を身に付けたいからアルバイトする]と云った思いを女性が抱きにくい、と云ったマイナス点も短所だ。
ただ、ガストのアルバイトは、高校生のアルバイト数も少なくない為、女子高校生等も気楽に活動出きるし、しかも良い社会経験にもなるアルバイトと云えるだろう。
人生初めのアルバイトとして、ガストのアルバイトは向いているのじゃないだろうか。

ガストと云うレストランでアルバイトする前について

ガストのアルバイトに興味を抱いている人、殊更に高校生や大学生等は少なくないとおもう。
アルバイトする前にまず、予備知識に気付いておこう。
もはやすっかりファミレスチェーン店としてお馴染みになったレストラン・ガスト。
レストラン・ガストは、[スカイラーク]グループが事業を繰り広げている店舗だ。
レストラン・ガストは1992年に誕生した。
当時業績が低迷していたスカイラークグループが、業績の復活を目指してスタートしたのがガストだった。
当時のスカイラークの店舗の約6割を1年間でレストラン・ガストに変更し、その急速な転換ぶりは当時話のネタになったほどだ。
余談だが、ガストのアルバイトの応募が盛んな地域は、千葉県の東金や横浜市の保土ヶ谷だそうだ。

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%88&tbm=blg&output=rss&num=50






コンテンツマネジメントシステム