<モーニングコールのアルバイト>在宅モーニングコールのアルバイトの時給と仕事内容

在宅モーニングコールのアルバイトにかんして

モーニング,コール,募集

在宅モーニングコールのバイトが密かに人気の仕事のようだ。
在宅モーニングコールのバイトなんて殆ど聴いた事がないと云う人もいるだろうが、実は効果的かつ効率的に稼げる人気のアルバイトなのだ。
そもそもモーニングコールと云うものは殊更に朝の決定した時刻に起床出きるように、旅館やホテルの従業員等に指定した時刻での目覚ましコールをお願いするサービスだ。
直接、旅館やホテルの従業員にお願いする場合もあれば、プッシュホン等で時間を指定する活用法も実在する。
しかしながら、近頃では目覚まし時計を客室に設置する事で、モーニングコールのサービスを撤廃する旅館やホテル等の宿泊施設も増大していると云う。
実はモーニングコールと云う言葉は和製英語であって、外国、殊更に英語圏で同じサービスにかんして表現する言葉は、ウェイクアップコール(wake-up call)と云うらしい。
我が国日本ではモーニングコールと云う言葉がすっかり一般化している為、モーニングコールと云う言葉をタイトルにした朝の時間のテレビ番組やラジオ番組も少なくない事は興味深い。


スポンサードリンク

モーニングコールのアルバイトの仕事内容について

モーニング,コール,募集

 

さてさて、このような在宅モーニングコールを実践するモーニングコールのアルバイトだが、仕事内容としては、あたりまえの事だが依頼人を毎朝電話を鳴らして起こしてあげる事に成る。
当然、自身も朝早く起きなければいけない為、その点でモーニングコールのバイトは、自身に厳しく責任感のつよい人にしか出きないアルバイトと云えるだろう。
電話をかけるべき依頼人の数は、1番おおく依頼人をかかえる人でも、だいたい20人くらいに成るようだ。
依頼人1人に対して、だいたい2、3分くらいの時間でおきて戴くとするならば、1時間レベルはかかる計算に成る。
一件あたりの報酬金額は100円から150円レベルの歩合制だ。これで1日あたり20人の人におきて戴く場合、土日はバイトを実践しないとすれば、だいたい月5万円くらいの報酬に成るだろう。
朝に1時間レベルの確実な空き時間が取れるのなら、これは決して悪くないアルバイトと云えるだろう。
一応の契約事項としてだが、コール10回以上で依頼人が電話に出ず、返事がない場合はコールをあきらめて良い、等と云う契約もあるようだ(アルバイト募集先の会社でしかっり確認を取って欲しい)。
採用されるかされないかの別れ目はやっぱり声だ。
朝1番にこんな声を耳にしたら、さわやかな気持ちになれるような声質の人が採用されるようだ。
こう聴くと女性向けの仕事と云うイメージだが、アルバイト募集先の会社に拠っては男性でも採用はあるようだ。
人気の在宅モーニングコールのアルバイト・・・。
時間を上手に使用して、効果的・効率的に金儲けしたいと云う人にとっては、ちょうど良いアルバイトに成るかも知れない。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%88&tbm=blg&output=rss&num=50







コンテンツマネジメントシステム