<アウトバウンドとは?>アウトバウンドの意味とインバウンドとの違い

アウトバウンドとは? について

アウトバウンド

貴方はアウトバウンドと云う言葉を熟知しているだろうか?
当ホームページでは、アウトバウンドの意味とインバウンド等の用語の解説やアポイント業務、新規顧客開拓業務等にかんして私が調べた結果を記述したいとおもう。
アウトバウンドとは、顧客への電話による営業活動の事を意味する言葉だ。
殊更に、コールセンター業務を派遣会社等にアウトソーシングする場合等に、顧客からの問い合わせや注文の電話対応を実践するインバウンド業務の対義語として活用される場合がたぶん少なくない言葉だ。
アウトバウンド業務には、指定地域内の固定電話に軒並み電話をかけるような営業電話の業務も有るが、よくある場合だと、自身の会社が所有している見込み客の名簿データベースを参照事項にして、これに各種の条件検索を実践したあと、ある製品に対して顧客の需要がありそうな時期を見越して電話をかけまくっていくと云うような業務が少なくないようだ。
これはいわゆるリストマーケティングと云う領域に当たる。


スポンサードリンク

アウトバウンドと旅行会社、通販会社等によるテレマーケティングについて

アウトバウンド

アウトバウンドとは顧客への電話による営業活動の事で旅行会社、通販会社等のコールセンターができる限り積極的にやっているテレマーケティングだ。
具体的なアウトバウンド業務にかんして、メインのものを以下に案内してゆくのだ。
まず1番少なくないアウトバウンド業務と云うのは、各種展示会やイベントの案内だ。
これは文字通り展示会等を実践する場合の集客業務のアウトソーシングだ。
過去に自身の会社に資料請求をしてくれた見込み客のリスト等を基準にして案内業務を実践していく為、こういった業務がコールセンター代行会社にアウトソーシングされる理由は、こういった業務の場合マニュアル化しやすく外注に出しやすいと云う事だろう。
アウトバウンド業務は上手くマニュアル化すると外注に出しやすくなる。
どういう事かと云うと、単に案内としてやっていく(もしくは展示会に参加してくれる待望のある見込み客を更にリスト化する)と云った仕事のくりかえしに成る為、電話によるアウトバウンド業務を流れ仕事のようにマニュアル化しやすいので派遣会社等に外注依頼し易いと云う事だ。


アウトバウンド業務→アポイント業務、新規顧客開拓業務について

また、営業の前段階としてのアポイント業務、新規顧客開拓業務もアウトバウンド業務としておおく活用されている。
アポイント業務、新規顧客開拓業務は、自社のサービス内容を案内して、詳しい解説を後ほど電話させて戴いて良いかどうか、もしくは訪問しても良いかどうかと云った確認を実践する事で、営業マンへ適切な見込み客リストを渡すと云う目的が有る。
アポイント業務、新規顧客開拓業務も現実に詳しい解説をするのは自社の営業マンだから、自社のサービス内容に対して興味があるのかどうかと云う事を吟味するのみに特化したアウトバウンドの外注業務としてアウトソーシングに出しやすいと云える。
もしも具体的な事を聴かれたら、そのまま営業に対応を渡してしまえば問題ないから、業務フローがシンプル化しやすいと云う長所も有る。
あと、アウトバウンド業務として少なくないのが、ダイレクトメール発送後の後追い電話の業務だ。
ダイレクトメールは出したのみでは殆ど詠まれる事はない為、DMが届いたかどうかの確認をアウトバウンド業務として実践しながら、そこからの顧客の需要を掘り起こす業務と云えるだろう。
更にアウトバウンド業務を発展させると、電話マーケティングから営業活動までのアウトソーシングビジネスを繰り広げているコールセンター代行会社もあるようだ。
やっぱり、会社の状況や業務内容を上手くシンプル化させて外注を実践する事で、多種多様なコストを削減出きるのだろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%9B%BB%E8%A9%B1&tbm=blg&output=rss&num=50






コンテンツマネジメントシステム