<ヤマハXJRのマフラー>ヤマハXJRのマフラー管とステーを交換

ヤマハXJRのマフラーは、400cc、1200cc、1300ccどれも大人気である事について

ヤマハ,XJR,マフラー,交換

ヤマハXJRのマフラーは、400cc、1200cc、1300ccどれをとっても大人気だ。
そして現状、XJRのマフラーの中で人気なのはXJR1200シリーズ・XJR1300シリーズのようだ。
そもそもXJR1200が発売されたのは遡る事1994年だ。XJR400の大型二輪仕様と云うキャッチフレーズだった。
XJR1200のエンジンは4ストローク空冷・並列4気筒。これらの車種も本田技研工業のCB1000 SUPER FOURと比較されていた。
これを1998年にフルモデルチェンジして発表したのがXJR1300だ。XJR1300のエンジンは以前のXJR1200とおなじ様に4気筒だったが、排気量が1188ccから1250ccと大幅にアップした。
其の後ヤマハXJR1300は、2000年、2003年、2006年とマイナーチェンジをくりかえしながらも生産され続け、国内屈指の人気オートバイとしての地位を手に入れている。
こういった具合にヤマハXJRのマフラーは、400cc、1200cc、1300ccどれをとっても大人気なのだ。


スポンサードリンク

ヤマハXJRのマフラー交換で音が良くなる事について

ヤマハ,XJR,マフラー,交換

人から聴いた話だが、ヤマハXJRのマフラーを交換すれば音が良くなると云う。
XJRのマフラーって多種多様ある為、どれにしようか戸惑ってしまう。
XJRと云ったら、ヤマハの人気バイクシリーズとして途方もなく超有名だ。
一部の暴走族からも昔から支持されているバイクでもある。そのマフラーだが、やっぱりつけるもの拠って相当音質が変わってくるようだ。
バイクを流している際に異和感のある音質だったら、せっかく風をきっていく爽快感もオシャカだ。
そこでヤマハXJRのマフラーにかんして多種多様調べた結果を報告したいとおもう。
XJRのマフラーは、モリワキ、SP忠男等のメーカーがあるが、モリワキの音は思ったより上品、SP忠男は大きめと云う評価がネット上の世論のようだ。
エグテックが大きな音でカッコいいと云う人もいる。
しかしながら、ノーマルのままのXJRマフラーでも走行距離を積み重ねていくと、気持ち良い音を吹き上げるように成る為、バイクを買い付けたばっかりの人は焦って交換する必要はないとおもう。
XJRのマフラーと云えば、相場として10万前後の価格に成るはずだから、ムダ使いはしたくないところだ。
ここで少し補足しておくが、ヤマハXJRのマフラーを社外品に交換すれば、音質が良くなるのは事実だ。


ヤマハXJRのマフラー管とステーを交換した知人の話について

私にはヤマハXJRのマフラー管とステーを現実に交換した知人がいて、その知人の話によるとマフラー管とステーの交換はXJRのライダーとしては基本らしい。
XJRは、ヤマハ発動機が製造しているネイキッドタイプの空冷エンジン搭載型のバイク(ネイキッドタイプは、カウル(車体の覆い)のないヨーロピアンタイプのオンロードバイクの事)の事だ。
XJRの正式名は詠んだ字のごとく[エックスジェイアール]だが、一般的な愛称・通称としては、[ペケジェイアール][ペケジェイ]だ。
これは私の知人の持論だが、XJRに乗る人が通過するべき道として何か一つ上げるとすれば、それはマフラー管とステーの交換だと云う。
このヤマハシリーズで初めに発売されたのはXJR400で在り、販売は1993年まで遡る。
XJR400は、その前から販売されていたXJシリーズを基盤にして、イメージが造られている。
ヤマハ発動機はXJR400を[空冷最速のネイキッドタイプ]とする意気込みで開発したのだ。
そしてこのXJR400は同じ時代に発売された本田技研工業のネイキッドタイプ・CB400 SUPER FOURとライバル車種としてよく比較もされ、両車とも人気ものだった。
XJR400は発売2年後の1996年にXJR400Rとしてフルモデルチェンジされ、其の後も数年おきにモデルチェンジがくりかえされながら生産されている。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






コンテンツマネジメントシステム