<トヨタのクラウンワゴンの情報>トヨタ クラウンワゴン 中古車市場の価値

トヨタ・クラウンステーションワゴンの改造・カスタム・中古車市場にかんして

トヨタ,クラウン,ワゴン

トヨタ クラウンステーションワゴンと云ったら、とっくに生産中止になった車な為、中古車市場で探し求めるしかない。
トヨタ クラウンワゴンと云えば、みんカラタイプが大人気で、私の回りの人達の間でも、カスタムや改造の対象になったものだ。
この改造・カスタムパーツと云えば、ホイール、マフラー、オーディオそしてサス交換だろう。
私が個人的に中古車もしくは旧車でお勧めしたいのは、アスリートワゴンや130、エステート、ベンコラ、ターボ、バン、最後にクラウンステーションワゴンスパーサルーンだ。


スポンサードリンク

トヨタのクラウンワゴンの改造・カスタムにかんして

トヨタ,クラウン,ワゴン

トヨタ クラウンワゴンの初期型のモデルの頃は、荷室の所にべんりな後方向きのサードシートが設置されていて、無理やり7人から8人分の座席を確保して使用していたものだが、トヨタの考え方に変化があったのか、いつの間にか取りやめになってしまい、5人乗りのみになってしまった。
だからこそ、改造・カスタムをしたくなるのも当然と云えば当然だろう。
トヨタのクラウンワゴンは、発売当初こそロイヤルサルーンやアスリートのシリーズ等何種類かあったみたいだが、年式が経過するごとに、ラインナップが次々と消滅していき、アスリートのAT2.5LとAT25Lの4WDとAT3.0Lのみになってしまった。
これもクラウンワゴンマニアたちが、改造・カスタムしたくなる理由の一つだろう。
本来クラウンと云えば、サスペンションがダブルウィッシュボーンで4輪ディスクブレーキを誇った、途方もなく旦那車とはおもえないくらいの硬くてガッチリとした足回りと、トルク重要視の直噴エンジンだった。
だからこそ、ドライバーがその気になれば、相当スピードのでる自動車であったものだが、何せ車体自体の重量が重い為、メーカー公示の燃費等所詮参照レベルの為、渋滞にはまった日には、リッター5キロも走らなかったものだ。
要するに、経済力のある購入者数が多かった為、改造・カスタムする人も少なくないのもうなずけた。
その上、活用するガソリンは無縁プレミアムガソリンな為、更にガソリンコストもおおくかかる。
長距離ドライブや家族連れのドライブでも、室内が5名レベルで、荷室が広いのみで、中途ハンパな使い勝手だった為、ミニバンに押され気味な事は否めない。
所詮、トヨタのクラウンワゴンは、おじさん連中用の5人乗車で、ゴルフ場へ足を運ぶ場合には、ベストな車と云えるが、エンジン設定も3.0Lどまりでイマイチセダン等と比較すると迫力に欠ける面があった。
だからこそ、やっぱり改造・カスタムしてドレスアップしたくなる車なのだろう。


トヨタのクラウンワゴンの中古車市場での価値にかんして

トヨタのクラウンワゴンは、中古車市場でも、けっこう見掛けるが、あえて中古車で購入するなら興味深い車かも知れない。
ざっくりクラウンワゴンのファーストドライバーは、年齢も高く大人しく走る人が少なくない為、走行距離と比較しても、車体自体の衰えがたいした事がない。
更に、クラウンワゴンは高級車と云う事で、本来大切に乗っていた人も少なくない為、点検整備も行き届いていたような車が少なくないと云う。
そう考慮すると中古車としてはお買い得かも知れない。
それにしてもやっぱり、腐ってもクラウンと云う事で、中古車でも200万円を下る車はまだまだ少なく、ワゴンとは言えトヨタの代表車なだけの事はあるなと、妙に感心したりもするわけだ。
トヨタ自動車は、同じステーションワゴンのカルディナやマークIIブリットも生産中止を決定した為、大型ワゴンが現状以降発売される可能性は、殆どあり得ないと云えるだろう。
その辺の希少価値を中古車の魅力として考慮するならば、クラウンワゴンの選択肢だって有りだろう、と思わずにいられない今日この頃だ。

トヨタのクラウンワゴンの歴史にかんして

トヨタ クラウンワゴンが、2007年をもって廃止する事が決定された事は記憶に新しい。
ミレニアム直前の1999年に11代目クラウンが発表されてから、8年間生産・販売されてきたわけだが、クラウンの長い歴史を考慮すると短命だったと言え、ご冥福をお祈りしたい。
そもそも、トヨタクラウンワゴンの1番多かった活用法と云うのが霊柩車と云う事で、それ以外の活用法として思い当たるとしたら、例を挙げるとワゴンタイプのタクシーだとか、個人事業主の社用車として、町工場の社長等の旦那集が乗っていたくらいの為、一般的な自家用車としてはお世辞にも人気があったとは云えない車だった。

クラウンワゴンのリアシートの倒し方にかんして

近頃、平成3年式のGS130クラウンワゴンを買い付けた知人がいるのだが、リアシートの倒し方(リクライニングではなくて、荷室をフラットにする方法)が把握できる事が出きないから教えて欲しいと云う依頼を受けた。
クラウンワゴンにかんした基本的な知識な為、ここに結論を記述したいとおもう。
まず、クラウンワゴンのリアシートの背面の左右の隅におのおのノブがある為、これを見つけて欲しい。
このノブを引っ張って背面を前へ倒すのだ。この時にヘッドレストが邪魔なら外して欲しい。
そして背面を前へ倒すと背面と荷室の間に渡し板の様な鉄板が有る為、この鉄板をカチッと音がするまでハメテ欲しい。
たぶん同じタイプのクラウンワゴンならば、このやり方で大丈夫だとおもう為、参照事項にしていただければ幸いのだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






コンテンツマネジメントシステム