<スズキワゴンRの情報>スズキワゴンR!スティングレーや改造パーツ

スズキワゴンRのスティングレー,mc22s,ct21s等にかんして

スズキ,ワゴンR

スズキワゴンRはスティングレー(スティングレイ)やワイド、プラス、ソリオが大人気だ。
エアロやグリル、マフラー、バンパー、テール等の改造パーツや純正パーツも大大人気だ。
大人気シリーズと云えば、ct、mc、mh、mh21s、rr、mc22s、ct21s、ctcv等が代表的だ。
ワゴンRはシートカバーやボンネットにもお洒落をする事が出きる。
次に、ワゴンRの改造の歴史にかんして観てみたいとおもう。
ワゴンRは1993年のデビュー当時から、ハイワゴンとして多種多様と話のネタを集めていたが、3代目になってコンパクト自動車としての居住性は更に進化した。
550ccの軽自動車から1997年に1000ccにボアアップと云う改造がされて、ワゴンRワイド等の普通自動車もプラスされ、コンパクトカーとしての確固たる地位を占めると同時に、コンパクトカーのフラッグシップモデルとしてコンパクト自動車業界を牽引(けんいん)してきた。
エアロやグリル、マフラー、バンパー、テール等の改造パーツも市場におおく出回っているのは、それほど人気が高い車だからだろう。
その意味でワゴンRの実在は大きいと云える。


スポンサードリンク

スズキワゴンRの改造パーツや純正パーツや燃費にかんして

スズキ,ワゴンR

ワゴンRも2代目あたりからダブルアールやプラスが販売されて、シリーズに厚みが増してきたが、社会的な必要性から自動車の進化形として常に注目されてきた。
ワゴンアールの最大最高の特質は、その居住性と動力性能の釣り合いの良さと云えるだろう。
更に、エアロやグリル、マフラー、バンパー、テール等の改造パーツや純正パーツだって大大人気だ。
軽乗用車としてスタートしたワゴンRは、ハイワゴンとして限定された軽自動車の形状の範囲の中で、ルーフをちょっと高くする事で、今までの軽自動車と比較して、飛躍的にくつろげる居住空間をキープし、F6A型3気筒EPIエンジンを搭載してキビキビとした走りを実現してきた。
更に、その収納能力は、並みの普通自動車には決して真似の出きないレベルで、自転車等もすっぽり収納出きる荷室(ラッゲージルーム)は、アウトドアスポーツ等に趣味をもつ人からも大歓迎されたのだ。
ワゴンRの動力性能にかんしては、1995年から追加されたターボタイプは61馬力をたたき出し、もはやコンパクトカーの領域を越えた動力性能を実現している。
これに歩調を合わせる様に、エアロやグリル、マフラー、バンパー、テール等の社外品改造パーツや純正パーツも発展してきた。
最新のワゴンRは、一層の居住空間を確保するため大型化の風潮があるものの、最小回転半径は以前と変化なく、コンパクトカーの基本的なポリシーを堅くキープしながら、居住空間の拡大に努めているようだ。
それと同時に女性ユーザーをターゲットしたモデルも適時追加されて、コインパーキング時の助手席からの乗降に配慮したベンチシートやコラムシフトは、買い物や近隣へドライブする主婦等の女性の使い勝手を考慮したものと云えるだろう。
ワゴンRの多彩なシートアレンジメントは、家族のいる家ではべんりな機能で在り、人と物を効率的に搭載する事が出きて、普通自動車と比較しても負けていない。
ワゴンRの携帯リモコンを身に付けてさえいれば、キーレスでドアのロックからエンジンスタートまで可能に成るシステムは、買い物で両手が塞がっている時には実にべんりで、この機能もまた女性をつよく意識したものなのだろう。
燃費にかんしては無断変速機CVTを他社と共同で開発する等、自動車業界全体で観てもエコ運動に貢献している。
もしかしたら、そのうちハイブリットワゴンRや電気ワゴンR等も新発売される日も来るかも知れない。
こうなると、ハイブリットワゴンRや電気ワゴンRのエアロやグリル、マフラー、バンパー、テール等の社外品改造パーツや純正パーツも発売される事に成るだろう。


スズキ・ワゴンRFXリミテッドとマツダ・AZワゴンのちがいにかんして

私は近頃、軽自動車の購入を吟味中だ。
近頃、スズキのディーラーに足を運んでワゴンRのFXリミテッドのパンフレットをもらってきたばっかりだが、広告やCMでよく見掛けるマツダのAZワゴンFXと目にした感覚が途方もなくよく似ている。
いったいこのスズキ・ワゴンRFXリミテッドとマツダ・AZワゴンってどこがどうちがうのだろうか?
途方もなく気になったので調査した結果を以下に記述しておくのだ。
マツダAZワゴンはスズキ・ワゴンRのOEM車のようだ。
OEMとは他の会社から提供してもらっているブランド品と云う事だ。
つまり、マツダ・AZワゴンはデザインを多少変えてマツダのエンブレムを付けたスズキのワゴンRと云う事なのだ。
他の車でも予測外にOEMはおおく、日産のモコはスズキ・MRワゴンのOEM車だ。
まあ、自動車業界のみに限定された事じゃないが、世の中にはよくある事例だそうだ。

スズキ・ワゴンRのエアロパーツとマツダ・AZワゴンについて

スズキ・ワゴンRとマツダ・AZワゴンは、基本的には同じ車とおもって良い。
私の会社の同僚が、マツダ・AZワゴンを所有していて、この車にWALDのワゴンR用のフルエアロを装着してみたが、全く問題なく普通に装着出きたと云う。
スズキ・マツダ両社とも両車で共用としているようだ。
あと、社外品マフラーでもRS-R等は、マツダ・AZワゴンとワゴンRとでは共通の製品になってるそうだ。
但し、社外品マフラーにかんしては、ワゴンRのRR用の物だとマツダ・AZワゴンのバンパーに抵触する可能性があるので注意が必須事項だ。

ワゴンR vs AZ-ワゴン→どっちを安く買い付けできるのか?

私は、スズキのワゴンRかマツダのAZ-ワゴン、いったいどっちを買い付けるべきか否かで苦しんでいる最中だ。
そこで、スズキのワゴンRとマツダのAZ-ワゴンで、価格の安い方を購入する!とディーラーの営業マンに云ったら、どっちかが安くなるのだろうか?
勿論、同レベルのグレードで比較するわけだが。
そこで、多種多様に調査した結果を以下に記述しておくのだ。
昔、マツダで営業マンをやっていた人の話によると、ズバリ、スズキのワゴンRの方が安くなると云う。
なぜなら、スズキからのOEM供給を受けているAZ-ワゴンの場合、本来ワゴンRより値引きの幅は少なく設定されているのだそうだ。
と云うのも、マツダは、ワゴンRをスズキから買い付けたあとAZ-ワゴンと云う車種に変更している為、マツダがスズキへ支出している販売利益分、価格が高くならざるを得ないらしい。
つまり、

 

ワゴンRの販売価格=スズキの製造原価+スズキの販売利益
AZ-ワゴンの販売価格=スズキの製造原価+スズキの販売利益+マツダの販売利益

 

と云うわけだ。

 

つまり、OEM供給されている車種は全て同じ考え方で、他社では必然的に高い価格設定にならざるを得ないのだ。
ついでに、付属品にかんしてはマツダの方が値引幅が大きいようだが、スズキの純正部品にかんしては、やっぱり車両と同じようにやや割高に成るようだ。
よって、ワゴンRの方が、AZ-ワゴンよりもお買い得だとおもう。
結局、OEMは本家より安くならないと云う、うわさは本当だったようだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






コンテンツマネジメントシステム