<ユピテル工業のレーダー>ユピテル工業のレーダー探知機・イエラ(yera)は絶品だ

ユピテル工業株式会社のレーダー探知機と大人気製品にかんして

ユピテル,レーダー,イエラ,yera

ユピテル工業株式会社は、レーダー探知機メーカーだ。
ユピテル工業のレーダー代表作と云えばイエラ(yera)だ。
勿論イエラ(yera)以外にも優秀な大人気作のレーダーが少なくない。
例を挙げると、cr960i、gps、s22rmi、is2000r、s200mi、s900i、mr955i、cr963i、s200、is1500、vr63i、sr952i、s22、sr650i等もユピテル工業を代表するレーダー探知機だ。
これ以外、こ会社の大人気製品と云えば、ユピテルエンジンスターターやユピテルスーパーキャット等がある。
ユピテル工業株式会社は車の電子用品、殊更にレーダー探知機やカーナビゲーション等で本当に超有名なメーカーだ。
本来は音響部品メーカーとしてスタートした会社だが、電子部品やマイクロ関連の機器に特化して、現状に至っている。
ユピテルの製品で、殊更に着目すべき製品と云えば、レーダー探知機とカーナビゲーションシステムを合体させた、イエラ(yera)と云う絶品とも云える製品だ。
イエラ(yera)は、なんと1つの機械で、レーダー探知機とカーナビが出きてしまう一石二鳥的な製品な為、ところを取らないばっかりか、サンヨーのゴリラのように取り外しも可能で、フィールドナビゲーションとしても役立つ逸品だ。


スポンサードリンク

ユピテル工業株式会社のレーダー・イエラ(yera)にかんして

ユピテル,レーダー,イエラ,yera

ユピテル工業株式会社のイエラ(yera)は、なんと1つの機械で、レーダー探知機とカーナビが出きてしまう逸品だと云う事はさっきも述べた。
ユピテルのイエラ(yera)の画面はタッチパネルで、余計なボタンやスイッチ類が実在しない為、デザイン的にもスッキリしているのだ。
レーダー探知機とカーナビの切り替えもなんとワンタッチで実行できて、殊更にレーダー探知機の画面が優秀で、例えると本物のレーダーのような画面構成で在り、この機能は30km以下の速度だと動作しないし、自動ドアや逆車線のレーダー波を全く無視すると云う、可能な限り誤動作を抑止する構造に為っていると云うから驚きだ。
他に、ユピテルのイエラ(yera)の感知機能としては、スーパーエクストラ感度と云う名前もしくは名称の衛星技術を活用したシステムで、感度が今までと比較して、約2倍も遠距離から感知出きると云う優れ物で、レーダー波を感知した場合は音声とランプで警告してくれる。
なかなかどうして、恐るべき優れ物と云えるだろう。
受信するレーダー波は17バンドと、数が少なくない高性能さをアピールしているが、電波が発射されていなければ、ただの箱に成る。
この事は、近頃のレーダー取締りが常時レーダー波を発射している訳でもなく、このような場合はいくらユピテルのイエラ(yera)が優秀と言えども、発射されていないレーダー波を感知する事は不可能だと云う事を意味している。
つまり、イエラ(yera)を搭載していても油断は禁物だと云う事に成るのだ。
次に、カーナビゲーションの機能にしても、ユピテルのイエラ(yera)は絶品だ。
表示形式は2モード在り、進展方向を常時画面の上部にもっていくモードと、北の方角を画面の上部にもっていくモードがある。
イエラ(yera)の住所検索は1500万件、電話番号検索820万件、施設検索30万件と、近頃カーナビゲーションとしては、いたって標準的な範囲で準備されている。
複雑な首都高速等のジャンクション等は3D表示でとっても観やすく為っているし、地図データの更新も、SDカードで更新すると云う事で、これまた安心なのだ。
更にユピテルのイエラ(yera)は、手のひらサイズの大きさな為、持ち運びもべんりだし、なかなかどうしての優れ物なのだ。
ユピテルのイエラ(yera)は有りそうでなかった製品だが、レーダー探知機メーカーならではの意欲的な製品だ。
しかしながら、私の個人的な熱望を云えば、カーナビゲーションの機能は、贅沢を云えば、3D表示等を最もっとおおく表示出きれば、更にイエラ(yera)もべんりに成るとおもうが、買い付けて損はない製品と云えるだろう。


ユピテルGPSレーダー[S33Rmi][S22Rmi][S200Rmi]にかんして

レーダー探知機の老舗ユピテルから、ELディスプレイを大型化して発売したGPSレーダー[S33Rmi][S22Rmi][S200Rmi]が、現実に販売されるようになって1年が経過した。
私も近頃、ようやく[S200mi]を購入したわけだ。
このディスプレイ画面は、かつては音声のみで警報の種類を聞き分ける決断が必須事項だったが、プラスの画面表示が可能となった為、目で観て瞬時の警報の種類の決断が可能になった。
現実に[S200mi]を用いてみると、晴天の昼間だとディスプレイ画面の照明度が不足しているのか、[殆ど目で確認出きない]具合だ。
画面の3段階の明るさアレンジを最大最高にしてもみえないものはみえない。
たぶん画面のバックカラーが“ブラック"と云う事が最大最高の悪因だとおもう。
そこで私の素朴な疑惑だが、このユピテル[S200mi]を買い付けた人の感想はどう為っているのだろうか?
またセルスター等の新型レーダーを活用している人の、現実に使用してみた感想を知りたいとおもう。
そこで、この件にかんして多種多様と調査した結果を以下に記述しておくのだ。
まず、ユピテルの感度を気にする必要があるらしい。
ユピテル[S200mi]の場合、カーロケが殆ど効かず感度が弱すぎる為、結局セルスターに買い換えた人も居るようだ。
現実にセルスターに買い換えた人の話によると、セルスターの場合、昔ながらのレーダーであっても感度がとっても良いので買い換えたらしい。
疑う余地もなく、セルスターの感度は優秀で最高だと云う意見は少なくない。
セルスターの場合、ディスプレイの照明度も優秀で、昼でも確認するのに充分な視認性だとおもう。
この製品名は、セルスターのアシュラAR-30VEだそうだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A&tbm=blg&output=rss&num=50






コンテンツマネジメントシステム