<ギャルソンの車用品>ギャルソンの車用品・エアロパーツやホイールなど

ギャルソンとギャルソンでの売れ筋車用品にかんして

ギャルソン,車

ギャルソンとは大坂の車用品のブランドだ。
を運営している会社は株式会社カクタスコーポレーションと云うところだが、この会社はエアロパーツやアルミホイールからマフラー、シートカバーに至るまで、自身の会社で製作している車のカスタムパーツの専門メーカーだ。
ギャルソンの対応している自動車メーカーはトヨタ、日産、ホンダとスズキのワゴンRぐらいの為、国内自動車メーカーのトップスリーに限定されている。
とは言え、エキゾーストシステムやアルミホイール等は、サイズが合えばメーカーに関係なく装着出きるみたいだ。
ギャルソンでの売れ筋の車用品は、ホンダのオデッセイ、ストリームやトヨタのbBのエアロパーツやアルミホイールだ。


スポンサードリンク

ギャルソンのデザインの特質について

ギャルソン,車

次に、ギャルソンのデザインの特質を観ていこう。
エアロパーツやアルミホイール等のデザインは、大人のテイストが漂うラグジュアリー系で在り、どうにも走り屋と云う感覚の挑発的なデザインじゃない。
ギャルソンのブランドステータスとしているエアロパーツ等は、トヨタのレクサス、セルシオ、エスティマ、bBや日産のエルグランド、ホンダのオデッセイ、ストリーム等と、どちらかと云うと大人向けやファミリー向けと云った落ち着いた車種に対応したものが殆どだ。
すなわちギャルソンとは、ボーイズレーサーや走り屋、暴走族とは無縁のカテゴリーのパーツ屋さんと云える。
改造パーツは、機能面よりもむしろデコレーションを重要視したものがおおく、ゴールドやシルバーのメッキで装飾されたインテリアやエクステリアのパーツがラインナップされている。
ギャルソンのアルミホイールのデザインは、まさにギャルソンらしく、シンプルな素材感を強調したものから、ド派手なデザインのものまで、多種多様なユーザーのニーズに対応している。
他にもエクステリアの電飾系のアクセサリーも途方もなく豊富なラインナップで、ナイトフラッシャーはドアミラーにつけるタイプの物や、フロントグリルにつけるソーラー発電機つきのものまで多種多様なタイプが揃っている。


ギャルソンのインテリアの特質について

次に、ギャルソンのインテリアの特質にかんして観ていこう。
ギャルソンのインテリアにかんしては、車の内部を豪華な応接間に変身させる事も出きるほどの多種多様なパーツが用意されていて、テーブルやカーテン、ドリンクホールダーやステアリングまで、多種多様なタイプのパーツがラインアップされている。
シガーライターやシフトノブ等にある大人のラグジュアリーシリーズは、ルーバーラインストーンと上手に組み合わせると、ド派手なインテリアになる。
ユーザーのインテリアに対する好みにもよるが、家族がいて若い時ほど走りまくらないけど、マイカーを同じモデルの車と一味ちがう雰囲気にしたいとおもっている人には、ギャルソンのインテリアパーツは、興味深いかも知れない。
結論として、ギャルソンのエアロパーツにかんしては、ブランドのステータスとして、相当完成度の高いパーツだとおもうが、これ以外のパーツにかんしては、趣味の分類されるところではなかろうか。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A&tbm=blg&output=rss&num=50






コンテンツマネジメントシステム